タマホームのZEH

ここでは、タマホームのZEHの特徴についてまとめてみました。

 

 

タマホームのZEHの評判についても紹介していますので、参考にしてください♪

 

 

タマホームのZEHの仕様は?

政府が2020年までに標準的な新築住宅で、ZEHの実現を目指すという目標を掲げていることもあり、現在、注文住宅をお考えの場合は、ZEH仕様での建築も視野に入ってくると思います。

 

ローコスト住宅に定評のあるタマホームでは、主力商品となる「大安心の家」シリーズに、ZEHに対応した「大安心の家 ZERO」が新たなラインナップとして加わりました。

 

そもそもZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、住まいの断熱性、省エネ性を上げ、太陽光発電システムなどを搭載し創エネ性を高め、住まいの年間の一次消費エネルギー量の収支がおおむねゼロになる住まいのことを言います。

 

そのため、ZEH仕様に対応した家を建てるには、住まいの断熱性能を上げ、エネルギーのロスを最小限に抑える必要がありますし、HEMSなどを採用し省エネ性を高める必要があります。

 

さらに、創エネ性を高めるために、太陽光発電を搭載し、消費するエネルギーを上回るほどのエネルギーを創り出す必要があり、ZEH仕様で建てようとするとなかなかハードルが高いのも事実です。

 

タマホームのZEH仕様に対応した大安心の家・ZEROでは、どのような仕様になっているのでしょうか。

 

調べてみたところ、大安心の家がベースとされており、家の躯体構造はそのままとされていますが、熱の出入り口となる窓などの開口部の断熱性能を上げ、エネルギーのロスを最小限に抑えています。

 

そして、省エネ性を高めるために、高効率エアコンやエコキュート、LED照明など省エネ効率が高いものが採用されています。

 

また、HEMSも搭載されているため、太陽光による発電量を確認することができますし、エネルギーを管理することができ、より省エネ性に対する意識を高めることができます。

 

もちろん、ZEH住宅には欠かせない太陽光発電システムや蓄電池も標準仕様で搭載されています。

 

ZEHに対応した大安心の家・ZEROでは、以上のような設備が標準で搭載されているということで、建築費用が非常に気がかりですが、大安心の家・ZEROではZEH仕様で建てるために必要な設備をリース&レンタル化することで、低価格での家づくりを実現されているようです。

 

 

タマホームのZEHの価格

ZEHに積極的ではなかったタマホームですが、ついに2016年、主力商品となる「大安心の家」シリーズに、ZEH仕様の「大安心の家 ZERO」が新たなラインナップとして加わりました。

 

大安心の家をもとに躯体構造はそのままで、熱の出入り口となる窓の断熱性能を高めることでエネルギーのロスを最小限に抑えているほか、高効率エアコンやエコキュート、LED照明などを採用することで、住まいの省エネ性を高めています。

 

もちろん、ZEH住宅には必須となる太陽光発電が標準で搭載されています。

 

そこまで標準仕様が充実していると、『結局、ローコスト系のハウスメーカーでもZEH住宅なら価格が高くなるのでは?』と気になる方も多いと思います。

 

タマホームといえば、なんといってもローコスト住宅に定評があり、価格で選ばれる方が大半ではないかと思いますので、ZEH仕様に対応した大安心の家・ZEROの価格が高すぎると、確実に売れませんよね、、、。

 

2016年の発表時の情報によりますと、36坪、太陽光発電4.5kw搭載した大安心の家・ZEROの参考価格は1,660万円(税抜)と、ZEH住宅に対応しながら非常にリーズナブルな価格で提供されています。

 

坪単価にすると、46万円弱という計算になります。

 

ZEH仕様でありながら、ここまで安いと不安に思われるかもしれませんが、その安さの秘密は、太陽光発電などをレンタルして使用するというスタイルにあります。

 

住まいの創エネ性を高めるために、ZEH住宅には太陽光発電システムの導入は必須条件となりますが、普通に太陽光を導入しようとすると、150万円程度〜200万円程度の費用が必要になってきます。

 

しかし、大安心の家・ZEROでは太陽光発電をリース、レンタル化することで初期費用を抑え、1,600万円台での建築も可能とされていますが、ローコスト系の住宅メーカーほど、実際に話を進めていくと坪単価が高くなりがちなんて話はよく聞きます。

 

そこで、実際にタマホームでZEH仕様の家を建てられた方々の坪単価や建築費用を徹底調査しました。

 

 

「標準X地域、壁の断熱材には高性能グラスウール14k100mm、アルミ樹脂Low-eペアの窓、施工面積37坪、本体価格は1,650万円ぐらいでした。
これ以外には、付帯工事やその他諸々で約400万円ぐらいかかりました。」

 

 

「大安心の家ZERO、施工面積37坪、ソーラー(5.2kw)で2,100万円ぐらいでした。」

 

 

「大安心の家ZERO、37.5坪、オプション、付帯工事、必要工事、補助金やZEH申請費用などを含め2,100万円弱でした。」

 

 

いかがでしょうか。

 

本体価格のみなら、1,600万円台は可能ですが、オプションや必要な工事費用のほか、その他諸々を含めると2,000万円を超えるような印象ですね。

 

それでも、他のハウスメーカーのZEH仕様の商品と比べてみると、1,000万円程度は安いため、極力建築コストを抑え、ZEH仕様の家を建てたい方にはタマホームはお勧めです。

 

ただ、タマホームではある程度、建材を限定し大量に仕入れることでコストを抑えているため、標準仕様から外れると高くなりますので、沢山オプションを希望される場合はそこまで安くならないため、このあたりは注意した方が良さそうです。

 

無料!3分でかんたん資料請求。
タマホームと他ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓


 

タマホームのZEHの評判は?

タマホームでは、2016年に「大安心の家」シリーズにZEH仕様の「大安心の家 ZERO」が新たなラインナップに加わったものの、ZEHに関しては他のハウスメーカーよりもやや遅れを取っているような印象を受けます。

 

実際に、大手ハウスメーカーではZEH住宅を得意とするメーカーも多く、これまでに手掛けてきたZEH住宅の施工実績が豊富なため、その実績を活かした提案やアドバイスが得られると評判もなかなかのものです。

 

一方、タマホームはローコスト住宅に定評があり、安さが最優先という方にはお勧めのハウスメーカーですが、ZEH仕様の家に対応されているものの、大手ハウスメーカーと比較すると、これまでの施工実績数が劣ってしまうため、『タマホームでお願いしても大丈夫だろうか、、、。』というのが本音かもしれません。

 

また、ZEH仕様の家は、住まいの断熱性や省エネ性、そして創エネ性を高める必要がありますが、タマホームの大安心の家・ZEROは1,600万円台〜とZEH仕様でありながら、非常にリーズナブルな価格で提供されているため、『ZEH仕様の家がなぜここまで安いのか、、、。』と不安に思われるかもしれません。

 

タマホームのZEHの評判が気になり調べてみたのですが、やはり大手ハウスメーカーのように普及率が高いというわけではないため、参考になりそうな口コミはほとんど見当たらず、、、。

 

ただ、ZEH仕様で建てられた方からは、ローコストゆえ最初は心配だったものの、実際に建ててみると住宅設備も悪くなく、満足しているような書き込みがありました。

 

そして、タマホームではZEHの実績が豊富ではないこともあり、担当の営業マンによってはZEHについて正しく理解していないのか、頼りないことを指摘する声もあがっています。

 

タマホームでは、基本的に営業マンが間取りのプランを詰めていくため、後から設計の関係上、これは出来ませんということもあるようです。

 

そのため、これからZEH仕様での建築を検討されている場合は、施主自身もある程度ZEHに関する知識を習得しておく必要があります。

 

ちなみに、ZEH住宅は住み心地も良く、省エネ性が高いので家計にも優しい反面、その厳しい基準を満たすために何かと制約があり、そのルールが不自由に感じてしまうこともありますので、そのあたりも理解しておく必要があります。

 

タマホームしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top