タマホームの断熱材や断熱性能

ここでは、タマホームの断熱材の特徴や断熱性能についてまとめてみました。

 

 

タマホームの断熱性能の評判についても紹介していますので、参考にしてください♪

 

 

タマホームの断熱材の厚さは?

 

断熱性能を確かめる判断材料として、まずは使われている断熱材を確認される方が多いと思います。

 

タマホームの主力商品といえば「大安心の家」シリーズですが、このシリーズでは、壁と天井にはグラスウールの断熱材が、床にはポリスチレンフォームの断熱材が施されています。

 

しかし、断熱性能を確認する時には断熱材だけではなく、断熱材の厚さやサッシ性能なども重要なポイントとなってきます。

 

断熱性に優れた断熱材が使われていても、厚さが薄く施工されていては性能の良い家を造ることはできないように、断熱材の厚さや密度などによっても左右されてきます。

 

ここではタマホームで使われている断熱材の厚さに注目してみました。

 

まず、壁にはグラスウールのアクリアネクストが施されており、その厚さは105mm、天井には厚さ155mmのグラスウールが施されています。

 

床にはポリスチレンフォームのカネライトフォームが施されており、その厚さは65mmとなっています。

 

調べてみたところ、2015年頃からこの厚みで施工されており、以前よりも約2倍ほど厚みがアップしているとの情報がありました。

 

ただし、断熱材や厚さだけでは断熱性能というものは判断できずに、窓やサッシの仕様も重要になってきます。

 

特にサッシは重要で、サッシの性能が劣ってしまうと結露が起こりやすく、快適な住まいとは程遠くなってしまいます。

 

大安心の家ですが、以前は標準仕様だとアルミサッシだったこともあり、仕様を変更し半樹脂サッシに変更される方も多かったようですが、調べてみたところ、現在は半樹脂+Low-Eペアガラスが標準仕様となっているようですね。

 

タマホームと聞けば、どうしてもローコスト住宅というイメージが先行してしまい、性能は二の次だと思いがちですが、以前よりも標準とされる仕様があがっていたり、地域によって断熱材の仕様を変更するなど、コストパフォーマンスのわりに優れた住宅性能を実現されているようですね。

 

タマホームは断熱材をオプションで選択できる?

現在、タマホームで検討しているものの標準とされているグラスウールの断熱材ではなく、グラスウール以外のものを使いたいとお考えの方もおられるのではないでしょうか。

 

そもそも、タマホームではグラスウール以外の断熱材から選択したり、オプションとして断熱材の増量などは可能なのでしょうか。

 

もちろん、オプションとして他の断熱材を選択することは可能なようです。

 

タマホームは数年ほど前まで、断熱材の厚みが現在の半分ぐらいの仕様が標準とされていたため、断熱材の厚さを変更されていた方も多かったようです。

 

ただし、オプション扱いということで、別途料金が発生することを理解しておく必要があります。

 

タマホームは、ローコスト住宅を扱っているため、オプション料金が高く設定されており、なるべく標準の範囲内で選択する方が良いと言われますが、断熱性能を高めるためにサッシなどの仕様を変更される方も多いのです。

 

実際に、大安心の家の愛シリーズで、標準仕様のアルミサッシから半樹脂サッシに変更したり、断熱材の厚さをアップされた方の口コミでは、やはり結構なオプション料金となったようです。

 

しかし、その反面、窓やサッシともに結露が全くみられないようですし、ペアガラス+半樹脂サッシの相乗効果もあり、かなり断熱性能の良い家を建てることができたと満足されています。

 

また、断熱性や気密性能などに優れた住宅の場合は、冷暖房費の節約など、省エネ効果も期待でき、お得な場合もあるようです。

 

ちなみに、タマホームでは地域によって断熱性能を変えており、積雪の多い北の地域にいくほど断熱性能をあげており、その差額分は地域対応費として加算されていく仕組みになっているようです。

 

無料!3分でかんたん資料請求。
タマホームと他ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓


 

タマホームの断熱材はグラスウール?

タマホームをはじめ、ローコスト住宅を提供しているハウスメーカーでは、あらかじめ商品を規格化したり、間取りや仕様を限定することがコストダウンに繋がっています。

 

そして、断熱部分に関しては、コストダウンがしやすい部分でもあるため、「基本的にローコスト住宅では断熱性や気密性を求めてはいけない!」など厳しい意見もあります。

 

タマホームの断熱性能を確認すべく、UA値を調べてみたところ、どうやら公表されていないようで、確かに性能で勝負しているハウスメーカーではないため、業界でトップレベルの断熱性能を誇っているメーカーと比較すると、劣ってしまうのは当然です。

 

しかし、タマホームでは高い品質を維持しながら、コストを抑えた「大安心の家」シリーズが用意されています。

 

この大安心の家では、高い断熱性も実現されており、壁と天井にはグラスウールの断熱材が使われています。

 

断熱材の種類として、グラスウールをはじめ、ロックウール、セルロースファイバーやウレタンフォームなどがありますが、最も住宅で使われる断熱材としては、グラスウールがあげられます。

 

その理由は、ズバリ安価であることがあげられますが、ローコスト住宅のみならず、大手ハウスメーカーでも採用されています。

 

そもそも、グラスウールは主な原料がガラス繊維となった綿状の素材の断熱材で、壁や天井、床などの断熱材や吸音材などとして使われています。

 

グラスウールの特長としては、断熱性や防音性に優れているのはもちろんのこと、不燃材料であるため、燃えにくいといった特長があります。

 

ちなみに、大安心の家シリーズですが、壁にはグラスウールのアクリアネクストが厚さ105mm、天井部分には厚さ155mmのグラスウールが施されています。

 

床に関しては、グラスウールではなくポリスチレンフォームの断熱材が施工されており、断熱等性能等級4(最高等級)をクリアした高い断熱性や品質を実現されています。

 

タマホームは比較的ローコストでありながら、品質や性能にもこだわった家造りをされているところは評価できますが、実際の住み心地なども気になるところです。

 

タマホームの断熱性能の評判は?

タマホームのようにローコスト住宅を提供しているハウスメーカーでは、断熱性能や気密性能が悪いのではないか、、、といった不安をお持ちの方もおられると思います。

 

確かに価格の安さゆえ、目に見えない部分にはあまりお金をかけないのでは?といった勝手なイメージもあります。

 

ここではタマホームの断熱性能に注目してみました。

 

タマホームの主力商品といえば「大安心の家」シリーズですが、余計なコストは抑えつつ、高い住宅品質を実現されているシリーズとして注目を集めています。

 

この大安心の家では、壁と天井にはグラスウールの断熱材が、床にはポリスチレンフォームの断熱材が施工されています。

 

そして、タマホームでは地域によって断熱材の仕様を変えており、そうすることで断熱等性能等級4(最高等級)をクリアした高い断熱性や気密性を実現されています。

 

断熱性能を確かめる時には、まずどのような断熱材が使われているのか確認されると思いますが、窓やサッシ性能なども重要になってきます。

 

窓に関してはLow-Eペアガラスが、サッシに関しては樹脂サッシが採用されており、この組み合わせによって外気をシャットアウトできるため、冷暖房の効率も良くなり、光熱費を節約することもできます。

 

 

いかがでしょうか。

 

タマホームはローコストを実現されているわりに、高い断熱性能を実現されているようですが、実際にタマホームの家に住まれているオーナーの方々のリアルな評判も気になりますよね。

 

タマホームの断熱性能に関しては、以下のような評判がありました。

 

 

「10年ほど前にタマホームで建てました。
特に大きな問題もなく快適に生活できていますが、標準の断熱材だと何とか新省エネルギー基準をクリアしているため、思ったほど断熱効果は高くないように思います。」

 

 

「寒冷地仕様の対象となっている地域で、タマホームの家を建てました。
冬場は寒く、階段や廊下、2階が寒いです。
リビングに関しては、シャッターを閉めて、暖房を付けっぱなしにすると暖かく、一度暖かくなると寒く感じることはないです。」

 

 

※お住まいの地域などによっても異なってきますので、あくまで参考程度となさって下さいね。

 

タマホームしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top