タマホーム 欠陥住宅

タマホームは欠陥住宅?!

タマホームは欠陥住宅だという噂が出回っていますが、これは単なる噂なのでしょうか^^;?

 

これからタマホームで建築予定の方は非常に気になることだと思いますし、すでにタマホームで建てたという方も気になるのではないかと思います。

 

タマホームの欠陥住宅に関する情報をチェックしてみました。

 

タマホームは欠陥住宅とまでは言えないものの不具合物件が多く、実際にタマホームの家に住んでみてからのクレームが非常に多いようですね。

 

タマホームは取扱件数が多いので、それに比例してクレームが多くなってしまうのは仕方ないかもしれません^^;

 

基本的にハウスメーカーで建てる場合の家の出来は大工さんの腕次第で大きく左右されるのですが、工事過程で手抜きをされると後々不具合が発生しやすくなります。

 

もちろんタマホームで建てる全ての物件に不具合が発生するというわけではありませんが、

 

大工さんの腕次第では多少の不具合が発生するということが考えられます。

 

そしてタマホームでは、完成から引き渡しまで2ヶ月前後と他のハウスメーカーと比べて期間が非常に短いことで有名ですが、

 

引き渡し期間が迫り、引き渡しを急ぐあまり手抜き工事になってしまうということもあるのかもしれません。

 

欠陥で最も多いのが雨漏り、その次に外壁や内壁のひび割れだと言われています。

 

不具合が発生した場合はしっかりと対応してもらえるのかという部分も重視し検討されることをお勧めします。

 

また建売住宅の場合は建築途中の過程をチェックすることはできないので、購入する前に欠陥住宅かどうかの見極めが必要になってきます。

 

住宅が建つ前の土地はどんな状態であったか、地盤調査などの結果についてもしっかりと確認しておきましょう。

 

気に入った物件が欠陥住宅ではないか調べたい場合は、第三者の専門家に調べてもらうという選択肢もあります。

 

タマホームの価格と値引きのTOPページでは無料でタマホームやそのたハウスメーカーを比較できる

 

「タウンライフ家づくり」を紹介しています。