タマホーム 価格

無料!タマホームやその他ハウスメーカーの間取りや総額を比較

 

タマホームの価格帯

タマホームは低価格で住宅が建てられるということで注目を集めています。

 

実際にタマホームで建てられた方は価格のわりに住み心地の良い家だという印象を受ける方が多いようですね。

 

しかし一方でタマホームは思っていたより価格が安くなかったという口コミ情報も沢山あるのです。

 

実際に宣伝しているような坪単価25.8万円で住める家は建ちません!

 

建物の価格に加え、地盤改良費、オプション、諸経費などが必要になってきます。

 

そしてタマホームのようなローコスト系の住宅メーカーでは、追加工事費用やオプションが高い傾向にあると言われています。

 

例えば、コンセントを追加するとタマホームでは1ヶ所9000円になりますが、他社では6000円程度で付けることが可能なようで、タマホームは割高だということが言えます^^;

 

なるべく追加工事が発生しないようにしたり、標準仕様のものから選びオプションをほとんど付けないように検討していくと価格を抑えることができます。

 

オプションが驚くほど高かったという口コミもありますので、オプションを採用する場合は注意なさって下さいね^^;

 

ちなみにタマホームで建てる場合の坪単価は40万〜50万円が目安になっているようですね。

 

二世帯住宅や平屋住宅の場合はこの価格より多少価格は上がります。

 

確かにタマホームは宣伝しているほど安くないですが、それでも大手住宅メーカーと比べると価格は安いですね(* ̄ー ̄)


タマホームの大安心の家の価格の目安

 

家族構成に合わせてシンプルな一戸建てが欲しいという方にはタマホームの“大安心の家5シリーズ”がオススメです。

 

タマホームの大安心の家は外観や間取りなどをあらかじめ基本設計することで設備や資材調達の効率化、大幅なコストダウンによって低価格住宅を実現しています。

 

タマホームの大安心の家はとにかく信じられないくらい安いという評判や口コミがありますが、ホントに安いのでしょうか(* ̄ー ̄)ニヤリ ?

 

実際にタマホームの大安心の家で建てられた方の金額や、見積もりを取った方の見積もり額を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

・タマホームの大安心の家で延べ床面積当たりの単価はオプションなしで約40万円という見積もり内容だった。

 

オプションや他の諸費用を含んだ合計の坪単価は約50万円ほどだった。

 

・34坪の2階建で約1650万円だった。

 

オプションなどについての詳細は書かれていませんが、この坪単価は約49万円という計算になります。

 

・大安心の家での施工面積約40坪で見積り取りましたが、地盤改良込で総額1850万円程度だった。

 

・施工面積約41坪で諸経費オプション込で1850万円だった。

 

大安心の家で太陽光発電2.92KWが付いているそうですが、この坪単価は約45万円という計算になります。

 

ちなみにこの方は初期の見積もりよりも最終見積もりの方が安くなったそうですよ(* ̄ー ̄)

 

キャンペーン中などは通常よりお得に購入できることが多いようです。

タマホーム、インペリオの価格

ローコストで家を建てられることが売りになっているタマホーム^^

 

タマホームでは様々なプランが用意されていますが、タマホームの中でも最もグレードが高い『インペリオ』(* ̄ー ̄)

 

高級感を演出する総タイル張りのインペリオはその上質な装いにふさわしい、ハイグレードな装備仕様を備えています。

 

タマホームのインペリオで建てる場合の価格はどれぐらいが目安になっているのでしょうか?

 

タマホームでは坪単価30万円以下で建てられると勘違いされている方も多く、実際に見積もりを取ってみると、タマホームは思っているほど安くなかったという口コミも多いのです^^;

 

タマホームで建てる場合は最終的には坪単価が40万〜50万円になることが多いようで、タマホームで建てる場合はこれぐらいを目安にしておくといいです。

 

実際にインペリオで建てられた方の金額や、インペリオで見積もりを取られた方の情報がほとんどありませんので、実際のインペリオの価格を把握することはできませんが、

 

タマホームの中で一番グレードが高いということなので、多少値段は高くなることは予想できます。

 

それでも大手ハウスメーカーよりはお手頃だと思います^^

タマホームの価格、平屋で建てる場合の目安

平屋住宅といえば歳をとってからというイメージですが、将来歳をとってからの生活のことを考えて平屋住宅を検討される方が増えてきているようですね。

 

住宅メーカーでも様々な平屋住宅のプランがありますが、タマホームでも平屋のプランが用意されています。

 

タマホームでは20のバリエーションの平屋が用意されているそうですね。

 

タマホームはローコスト住宅なので大手と比べると非常に価格の安さが際立っていますが、平屋も安く建てることができるのでしょうか?

 

通常平屋は基礎と屋根が増えますので坪単価が高くなると言われています。

 

総二階と平屋では、同じ床面積でも平屋のほうが基礎が倍の面積になり、平屋のほうが高くなる場合があります。

 

地盤改良や基礎工事にお金がかかる土地の場合には、平屋のほうがどうしても高くなってしまうのです。

 

タマホームで平屋住宅を建てる場合はどれぐらいを目安にしておくといいのでしょうか?
記載されています価格を参考に紹介してみますと、

 

3LDK(26.16坪)で775万円のプランの場合の坪単価は約30万円という計算になります。

 

平屋で坪単価が30万円は非常に安いですね〜(* ̄ー ̄)

 

実際にタマホームの平屋プランで見積もりを取られた方の情報によりますと、建物施工面積が約36坪で建物のみの価格が約1000万円、オプションを約70万円ほど付け、諸経費などが500万円ほどだったという情報があります。

 

通常平屋は基礎と屋根が増えますので坪単価は大幅に高くなるのですが、タマホームでは多少坪単価はアップするもののそれほど高くはならないようですね^^

 

 

詳細価格は下記のサイトで見積りをして下さいね♪

 


タマホームの価格、二世帯で建てる場合の目安

タマホームでも二世帯住宅のプランが用意されています。

 

タマホームで二世帯住宅を建てる場合の価格はどれぐらいが相場になっているのでしょうか?

 

まず二世帯住宅の価格はどのような二世帯住宅にするのか?によって大幅に変動します。
二世帯住宅は大きく2つに分けることができます。

 

・どこか一部分を共有するタイプの二世帯住宅

 

・完全に分離するタイプの二世帯住宅

 

当然、玄関、トイレ、お風呂、キッチンなどが2つづつ必要な完全分離タイプの二世帯住宅の方が価格は高くなります。

 

タマホームの二世帯住宅の坪単価ですが、

 

“二世帯住宅ですが、基本的に普通の住宅と同じ坪単価で建築可能です。
ただし、玄関ドアを二箇所にする等は、オプションになります。”とHPに記載されています。

 

実際にタマホームの二世帯住宅で建てた方や見積もりを取られた方の口コミを紹介します。

 

・タマホームで二世帯の見積りを取ったけれど、玄関などが2カ所づつとなると割高になり、坪単価は50万円を超えてしまった。

 

・タマホームで建坪約60坪の二世帯を建てたけれど、約2300万円ほどだった。

 

※どのような二世帯住宅にされたのか具体的に記載されていません^^;

 

・タマホームで二世帯を建てたけれど狭い土地だった為、玄関を2つつくることはできなかった。
お風呂は共同で、それ以外は2階と1階で別々で暮らすという生活スタイルだそうです。

 

地盤改良、取り壊しの費用、建築費用など全てで約1700万円だったそうです。

 

やはりタマホームで二世帯住宅を建てる場合は価格を抑えることができそうですね。

 

ですが、タマホームは基本的に価格は低く設定されていますが、希望の施工パターンによっては高額な追加料金が発生することもあり、思ってたより安くなかったという意見はよくききますので注意して下さいね^^;

タマホーム、3階建ての価格の目安

敷地が限られておりマイホームを諦めてしまう方もおられるかもしれませんが、

 

限られた敷地を活かす手段として3階建て住宅を選ぶという選択肢があります。

 

3階建て住宅に対応していないハウスメーカーもありますが、タマホームでは3階建て住宅に対応しており3階建て住宅として“木望の家”が用意されています。

 

木望の家は長期優良住宅に対応した3階建ての住宅で、自由設計で、敷地条件に合わせ様々な要望にも対応してくれると評判です。

 

土地が狭く限られていても妥協せずに納得のいく家を建てることが可能です。

 

タマホームの3階建ての価格はどれぐらいが目安になっているのでしょうか?

 

基本的に3階建て住宅は2階建てに比べて費用が割高傾向にあると言われています。

 

タマホームの公式HPには3階建て住宅の特長や概要は記載されているものの、価格に関しては記載がありませんが、

 

実際にタマホームの3階建て住宅の見積もりを出してもらった方の見積もり価格ですと、

 

30坪の土地に3階建ての見積もりを出してもらい全て込みで約1800万円という見積もり内容だったそうです。

 

タマホーム以外にも複数社で見積もりを取ったそうですが、タマホーム以上に安いとこはなかったそうです。

 

もちろん諸条件により大きく変わると思いますが、この坪単価は60万円という計算になります。

 

3階建て住宅ということでタマホームの商品の中では価格は高いですが、それでも他社の住宅メーカーよりは安く3階建て住宅を建てることができるようですね。

 

ちなみにタマホームの木望の家は準耐火構造やオール電化が標準装備になっているそうですね^^

タマホームの価格の値引き

タマホームと聞くと、まず安いメーカーだという印象の方が結構いると思います。

 

たしかに広告で出している坪単価25.8万は他のハウスメーカーの出している坪単価よりもとても安いです。

 

 

しかしこの坪単価で建てられるかというと、やはりそんなに上手くはいきません。

 

 

最終的には大体35万から40万を超えるあたりの値段になってしまいます。

 

 

なぜ坪単価が上がってしまうかというと、まずタマホームの坪単価の計算は一般的な延床面積で計算してるのではないのです。

 

 

施工面積というもので独自の計算がされています。

 

 

この施工面積には延床面積には含まれないベランダやポーチも入れられているので、結果坪単価は安くなります。

 

 

また絶対に必要な水道工事や電気工事などの付帯工事も含まれていないので、これも合わさってきます。

 

 

そうして出てきた価格は最初の広告よりも上がってますが、だからといってタマホームの価格が他より性能も悪く同じ価格、なわけではありません。

 

 

標準仕様で長期優良住宅仕様にもなっているので、性能としては価格は安く抑えられていると思います。

 

 

他の同価格帯のメーカーに比べて明らかに悪い、ということはないです。

 

 

タマホームで住宅を建てようとするならば、まず坪単価は気にしないようにしましょう。

 

 

 

タマホームの価格は、値引き可能なのでしょうか?

 

 

もともとが他の工務店やハウスメーカーより安いので、大幅な値引きは正直期待できません。

 

 

値引き交渉の方法としては、他のハウスメーカーと迷ってます的な態度をとることが重要となります!

 

 

 

最初からタマホームにしか興味がないと思われてしまっては、

 

 

 

値引きの交渉は難しくなります^^;

 

 

 

そこで、いくつかのハウスメーカーの価格や間取りを知っておくと良いです。

 

 

 

実際、いろんなメーカーを見ておくと実際にそっちのが良くなったりする場合もあります。

 

 

 

一生の買い物なので、いろんなとこを見てくださいね!

 

 

下記の「タウンライフ家づくり」では、

 

 

無料でハウスメーカーの間取りプランや支払総額などが一度に比較できるので、

 

 

これから家を考えているアナタにはおすすめです。